検索


Wherever I Lay My Hat (That’s My Home)/ Paul Young
a0054863_1557065.jpg あのバンド・エイド「Do They Know It’s Christmas ?」では、並み居るポップスターたちを従え(?)、堂々トップバッターを務めたポール・ヤング。今回取り上げるのは、マーヴィン・ゲイのカバーで、彼の出世作となったシングル「Wherever I Lay My Hat(That’s My Home)」です。



 「帽子を置いたところが、俺のふるさと」
マーヴィンのオリジナルでは、毎晩お相手が変わるプレイボーイの奔放さがクールに歌われているらしいですが、ポールのカバーでは、ソウルフルに、ひたすら切々と歌い上げられていて、聴けば聴くほど染み入るバラードに仕上がっています。
 あのド派手な80年代に、こんな地味な曲、素朴なヴォーカルが、よくも全英1位を獲得したものだと思いますが、この曲のライブ・バージョンを聴くと、英国での彼の人気を思い知らされます。
 あのドヨーンとしたイントロが始まった瞬間の大歓声、そして歌が始まると会場全体が大合唱で、サビに差し掛かるとそれは一段とヴォルテージがアップ。オーディエンスの反応の凄さにはびっくりです。
 ポールの喉も絶好調。舌足らずな感じが特徴的な彼の歌唱も、ライブではよく伸びる歌声によってダイナミズムが加味され臨場感が抜群。まさにアーティストとオーディエンスのコラボ、感動的な仕上がりです。
 このライブ・バージョンは、当時、来日記念にリリースされたミニアルバム「Live Edition」に収録されていましたが、CD化されてるんでしょうかね?
 この後、全米でもヒットを飛ばし、世界的なヒットシンガーとなった彼ですが、どこか二流っぽさが漂う、いつまでも垢抜けない感じが彼の魅力、そう言ったら失礼でしょうか。
[PR]
by heavytopper | 2005-11-15 00:34 | 1983年
<< Just Got Lucky ... Golden Brown / ... >>



あの歌、この曲、懐かしい調べに新しいリズムの数々
by heavytopper
カテゴリ
1960年代
1970年代
1980年
1981年
1982年
1983年
1984年
1985年
1986年
1987年
1988年
1989年
1990年代
2000年代
妄想オムニバス
以前の記事
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
最新のトラックバック
PAUL YOUNG 「..
from 音楽生活。80'、J-POP..
Breakfast in..
from 「小林克也のRadioBak..
ビルボードライブ東京
from 東京ミッドタウンをガイド!
ワンダフル・ライフ/ブラック
from で~っかい ひとりごと・・・
速報プロ野球情報
from 速報プロ野球情報の案内
毎週
from 毎週情報
ビリー・ジョエルについて
from ビリージョエル
STEVIE NICKS..
from 中古レコード 通販
JOE JACKSON ..
from 中古レコード 通販
HUMAN LEAGUE..
from 中古レコード 通販
リンク集
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧