検索


She’s Gone / Daryl Hall & John Oates
a0054863_15555026.jpg 70年代の曲はすべて後追いなので、楽曲が世に送り出された当時のシーンと絡めることができないぶん、薄っぺらな回顧になるかもしれませんが、いってみたいと思います。今回はホール&オーツの初期の名曲です。



 80年代の大活躍はあまりにも有名な二人。当時は来日公演の模様がよくテレビやFMで紹介されていましたが、リアルタイムのヒット曲もさることながら、この「She’s Gone」のような古い曲も魅力的でした。

 タイトルから察するに、別れ(恋人との?)を歌った曲っぽいのですが、夜の孤独感を感じさせるイントロに続き、歌い出しのジョン・オーツの低音とダリル・ホールのファルセットの重なり具合がいい感じです。この曲での、ダリル・ホールのヴォーカルワークは素晴らしいですね。まるで何人もいるかのような多彩な声、歌唱法を堪能できます。じわじわと盛り上がっていく終盤に、たたみかけるような二人のヴォーカルの掛け合いも聴きもの。

 セカンドアルバム「Abandoned Luncheonette」(写真)からシングルカットされたこの曲は、リリース当時はまったく売れなかったようですが、次作からの「Sara smile」のヒットをきっかけに、リバイバルを果たしたとのこと。名曲にスポットが当たるのは素晴らしいことです。

 それにしても、最近、80年代に親しんだ曲に胸焼け感を覚えることが多く、70年代の楽曲のほうがしっくりくるようになったのは歳のせいでしょうか。
[PR]
by heavytopper | 2005-11-16 22:55 | 1970年代
<< A Horse with No... Just Got Lucky ... >>



あの歌、この曲、懐かしい調べに新しいリズムの数々
by heavytopper
カテゴリ
1960年代
1970年代
1980年
1981年
1982年
1983年
1984年
1985年
1986年
1987年
1988年
1989年
1990年代
2000年代
妄想オムニバス
以前の記事
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
最新のトラックバック
PAUL YOUNG 「..
from 音楽生活。80'、J-POP..
Breakfast in..
from 「小林克也のRadioBak..
ビルボードライブ東京
from 東京ミッドタウンをガイド!
ワンダフル・ライフ/ブラック
from で~っかい ひとりごと・・・
速報プロ野球情報
from 速報プロ野球情報の案内
毎週
from 毎週情報
ビリー・ジョエルについて
from ビリージョエル
STEVIE NICKS..
from 中古レコード 通販
JOE JACKSON ..
from 中古レコード 通販
HUMAN LEAGUE..
from 中古レコード 通販
リンク集
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧