検索


Happy Ending / Joe Jackson
a0054863_19402248.jpg 昨夜のストーンズの記事で、「Waiting on a Friend」の曲名を書いたら、今日、テレビのヴァラエティ番組のBGMでこの曲が流れて、ちょっとびっくりしました。
 ソニー・ロリンズがゲスト参加して、印象的なsaxを聴かせるこの曲、アルバム「Tattoo You」のラストを飾っています。



 ソニー・ロリンズ・・・ 彼自身のリーダー作はまったく聴いたことがありません。その名を聞いて僕が思い浮かべるのは、彼のアルバムをパロったという、このアルバム・ジャケット、ジョー・ジャクソンの「Body And Soul」です。

 作品ごとに音楽性がガラっと変わるジョー・ジャクソンですが、1984年のこの作品ではジャズに接近です。大ヒットした前作「Night & Day」に引き続き、ギターレスの構成。1stシングル「You Can't Get What You Want」は、ビッグバンド風サウンドのノリのいいナンバーで、ビルボードでもトップ10入りしました。
 今日のタイトルに持ってきたのは、これに続く2ndシングルです。タイトルのとおり、女性ヴォーカルとのデュエットが、映画のシーンにみたてたような男女2人の掛け合い風に楽しい、大人の雰囲気を感じさせるナンバーです。

 歌詞を正確に把握していませんが、印象的な言葉がいくつも出てきます。
 中でも女性のパートの
 ♪It's not so easy, it's 84 now.
 というフレーズは、恐らく、古き良き時代の映画のようにはうまくはいかないわ、という意味だと長年勝手に思い込んでいます。

 ピアノのイントロに始まり、終始テンポの良さが印象的ですが、間奏のブラスの響きが、とても伸びやかにゴージャス感があって大好きです。
 トップ40入りを逃した曲なので、個人的に隠れた佳曲だと思っていたのですが、ネット上で意外にこの曲のファンが多いみたいで、うれしいです。 
[PR]
by heavytopper | 2006-03-18 19:46 | 1984年
<< Let's Go / ... Under My Thumb ... >>



あの歌、この曲、懐かしい調べに新しいリズムの数々
by heavytopper
カテゴリ
1960年代
1970年代
1980年
1981年
1982年
1983年
1984年
1985年
1986年
1987年
1988年
1989年
1990年代
2000年代
妄想オムニバス
以前の記事
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
最新のトラックバック
PAUL YOUNG 「..
from 音楽生活。80'、J-POP..
Breakfast in..
from 「小林克也のRadioBak..
ビルボードライブ東京
from 東京ミッドタウンをガイド!
ワンダフル・ライフ/ブラック
from で~っかい ひとりごと・・・
速報プロ野球情報
from 速報プロ野球情報の案内
毎週
from 毎週情報
ビリー・ジョエルについて
from ビリージョエル
STEVIE NICKS..
from 中古レコード 通販
JOE JACKSON ..
from 中古レコード 通販
HUMAN LEAGUE..
from 中古レコード 通販
リンク集
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧