検索


Take It Away / Paul McCartney
a0054863_22445872.jpg ブログを始めて、色んな方の色んな曲への思い入れに触れるうちに、リアルタイムでは何気なく通り過ぎていた曲の、大事な魅力に気づかされることがよくあります。ポール・マッカートニーのこの素晴らしいナンバーもそんな1曲。今ごろ夢中になっています。



 正直、自分はビートルズ関係の熱心なリスナーではなく、ポールのこの1982年のアルバム「Tug Of War」も、スティービー・ワンダーとのデュエット、お馴染み「Ebony and Ivory」が収録されている作品として記憶しているに過ぎませんでした。

 で、2ndシングルの「Take It Away」です。これもトップ10入りを果たしましたが、当時、「エボニー~」の大作然としたスケールのあとでは、随分と普通の曲だなあ、程度にしか感じることができなかったのです、悲しいことに・・・。
 ネット上で、この曲の魅力を熱く語る記事をあちこちで拝見し、あらためてエアチェックテープを引っ張り出して聴き直しましたが・・・ いい、凄くいい!素晴らしい!(笑)

 何というか、1曲の中に、音楽の色んな素晴らしさが凝縮されています。ベースラインが強調されたシンプルなイントロと歌い出しに続き、ピアノ・・・ブラス・・・そしてコーラスと、徐々に音の厚みを増していく展開。ゆるい感じのテンポも、気が付けばギアをトップにシフトして、すこぶる快適なドライビングって感じです。

 実は、「My Love」も「Jet」も「Band on the Run」も、まともに通しで聴いたことがなかった自分。これじゃマズイ、って気持ちも若干あって、少し前にベスト盤を中古で購入したのですが、この「Take It Away」は入っていないんですね・・・ なぜ?こんな名曲を・・・ って言えた義理じゃないですが、こりゃ「Tug Of War」狙いですね、差し当たり。
[PR]
by heavytopper | 2006-04-09 22:47 | 1982年
<< Sneakin' Sa... Somebody / Depe... >>



あの歌、この曲、懐かしい調べに新しいリズムの数々
by heavytopper
カテゴリ
1960年代
1970年代
1980年
1981年
1982年
1983年
1984年
1985年
1986年
1987年
1988年
1989年
1990年代
2000年代
妄想オムニバス
以前の記事
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
最新のトラックバック
PAUL YOUNG 「..
from 音楽生活。80'、J-POP..
Breakfast in..
from 「小林克也のRadioBak..
ビルボードライブ東京
from 東京ミッドタウンをガイド!
ワンダフル・ライフ/ブラック
from で~っかい ひとりごと・・・
速報プロ野球情報
from 速報プロ野球情報の案内
毎週
from 毎週情報
ビリー・ジョエルについて
from ビリージョエル
STEVIE NICKS..
from 中古レコード 通販
JOE JACKSON ..
from 中古レコード 通販
HUMAN LEAGUE..
from 中古レコード 通販
リンク集
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧