検索


She's Always a Woman / Billy Joel
a0054863_2026751.jpg ワールドツアーが大好評で今年の来日公演も期待が高まっているビリー。今さら彼のヒット曲のことを自分なんかがどうこうコメントするのも気が引けるが、実は我が家では今、ビリーがちょっとしたブーム(?)になっているのだ。



 というのも、娘の小学校の音楽の授業でビリーの曲を合奏しているらしく、PTAでその演奏を聴いた洋楽音痴の妻までもが奇跡的に気に入ってしまい、今や車に乗っているときもビリーのCDばかりリクエストされて、家族全員でいっしょに口ずさんでいる、とそういう状態なのだ。

 その曲、「She's Always a Woman」は、1977年の出世作『ストレンジャー』からのシングルで、ビルボードでは最高17位を記録。ビリーが当時の妻に捧げたという美しいバラードで、穏やかなワルツのリズム、美しいピアノの調べに乗って、ビリーの語りかけるような歌声が何とも温かい気分にさせてくれる。
 ちなみにうちの妻が気に入っているのは、バックにオカリナ(?)のような音色が聴こえてくるサビの部分。
 「ストレンジャー」や「素顔のままで」などに比べて、あまり脚光を浴びないのは惜しい気がする曲だが、曲の雰囲気からしても、こういう地味なポジショニングのほうが似合ってるのかもしれない。

 それにしても、学校の音楽の先生も粋な選曲をしてくれたものだ。聞けば、ほぼ同世代の先生で、子どもたちには「君たちのお父さんやお母さんたちが青春時代に親しんだ曲かもしれません」と、説明があったとのこと。何だか、CMなどで70~80年代のヒット曲が多用されているのとダブる現象といえるかも。素直に嬉しいことだ。
[PR]
by heavytopper | 2006-10-01 20:34 | 1970年代
<< We Too Are One ... Turn it Up / Si... >>



あの歌、この曲、懐かしい調べに新しいリズムの数々
by heavytopper
カテゴリ
1960年代
1970年代
1980年
1981年
1982年
1983年
1984年
1985年
1986年
1987年
1988年
1989年
1990年代
2000年代
妄想オムニバス
以前の記事
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
最新のトラックバック
PAUL YOUNG 「..
from 音楽生活。80'、J-POP..
Breakfast in..
from 「小林克也のRadioBak..
ビルボードライブ東京
from 東京ミッドタウンをガイド!
ワンダフル・ライフ/ブラック
from で~っかい ひとりごと・・・
速報プロ野球情報
from 速報プロ野球情報の案内
毎週
from 毎週情報
ビリー・ジョエルについて
from ビリージョエル
STEVIE NICKS..
from 中古レコード 通販
JOE JACKSON ..
from 中古レコード 通販
HUMAN LEAGUE..
from 中古レコード 通販
リンク集
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧