検索


Love is Stronger than Justice / Sting
a0054863_191789.jpg 父親の死が重く影を落とした前作『The Soul Cages』で、内省的で苦渋に満ちた表情を見せたスティングが、解き放たれたかのように、軽やかに、多彩な10編の物語を語ったアルバム『Ten Summoner's Tales 』。



 休日の今日は、冬を前に、家の中の障子を貼り替えることにした。
 実は、いくら障子を貼り替えても、子どもたちがすぐに穴をあけてしまうので、この夏からは、障子戸そのものを外して過ごしてきたのだが、冬が近づくと、これがあるのとないのでは、部屋の温度は大違いなのだ。
 まずは、作業がはかどるようなBGM選びということでCD棚を見渡すと、多彩で適度なポップさを持つ、スティングのこのアルバムに手が伸びた。

 アルバムタイトルの『Ten Summoner's Tales 』は、ライナーによると、有名な「カンタベリー物語」の一節と、スティングの本名、ゴードン・サムナーに引っ掛けているらしい。
 そんな文学的なジョークや皮肉、遊び心が随所に散りばめられたこのアルバムで、個人的に最もリラックスして聴けてしまうのが、2曲目の「Love is Stronger than Justice」なのだ。

 「七人の兄弟の話をお聞かせしよう」と歌い出されるこの曲は、西部劇映画「荒野の七人」をパロディ化したもので、スティングならではのストーリーテラーぶりがいかんなく発揮されている。
 サウンド面でも、出だしからしばらくはサスペンスチック(こんな言葉があるのか分からんが)な曲調が、サビ以降でマカロニウェスタン調が強調されて、一気にコミカルな雰囲気に包まれるのが面白い。

 『Nothing Like the Sun』で新たにファンになった方々も、重苦しい『The Soul Cages』にはさぞ戸惑ったと思うが、この『Ten Summoner's Tales』の充実ぶり、開放感には、ホッとしたのではなかろうか。

 本日の障子貼り作業は、このアルバムをBGMに、サクサクと順調に終了・・・といいたいところだが、たまにやると意外に手間がかかるこの作業。予定分を終了できなかった。
 次回はスタカンの『Our Favorite Shop』あたりを使ってみようか。
[PR]
by heavytopper | 2006-11-25 19:37 | 1990年代
<< Breakfast in Am... Baby Jane / Rod... >>



あの歌、この曲、懐かしい調べに新しいリズムの数々
by heavytopper
カテゴリ
1960年代
1970年代
1980年
1981年
1982年
1983年
1984年
1985年
1986年
1987年
1988年
1989年
1990年代
2000年代
妄想オムニバス
以前の記事
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
最新のトラックバック
PAUL YOUNG 「..
from 音楽生活。80'、J-POP..
Breakfast in..
from 「小林克也のRadioBak..
ビルボードライブ東京
from 東京ミッドタウンをガイド!
ワンダフル・ライフ/ブラック
from で~っかい ひとりごと・・・
速報プロ野球情報
from 速報プロ野球情報の案内
毎週
from 毎週情報
ビリー・ジョエルについて
from ビリージョエル
STEVIE NICKS..
from 中古レコード 通販
JOE JACKSON ..
from 中古レコード 通販
HUMAN LEAGUE..
from 中古レコード 通販
リンク集
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧