検索


Wonderful Life / Black
a0054863_21433842.jpg 第2のシャーデー事件(?)勃発。
 長年、「ブラック」とは男性ソロシンガーのことだと思い込んできたが、実はユニット(バンド?)名だとついさっき知った。



 実際には、ほとんどColin Vearncombeという人の一人ユニットだったらしいので、それほど極端な認識違いというわけではなかったみたいだ。

 1987年と言えば、個人的に米英のチャートの追っかけは卒業(?)していた時期だが、アマゾンに寄せられているカスタマーズレビューによれば、この「Wonderful Life」は、この87年を皮切りに、翌88年、そして90年代の3度にわたって英国でチャートインしたらしい。
 これも、かなり珍しい記録ではなかろうか。

 「♪It's a Wonderful Wonderful Life」と歌ってるわりに、曲調や歌声はかなり物悲しく切ない。モノクロのPVも哀愁たっぷり、かなり不思議な雰囲気の映像だった。
 ヒットした当時は、そんな曲調が素直に心に染み入ってきたものだが・・・ う~ん、今聴くと、ベタっと塗りつぶしたようなシンセとかが人工的な感触で・・・ どうもイメージと違う。
 一人ユニットだから打ち込みを多用せざるを得なかったのだろうけど。

 的外れを承知でいうと、自分の中ではリック・アストリーなどと同じところに分類して記憶されている人・・・じゃなかった、ユニット。
[PR]
by heavytopper | 2006-11-27 21:06 | 1987年
<< Hold Me Now / T... Breakfast in Am... >>



あの歌、この曲、懐かしい調べに新しいリズムの数々
by heavytopper
カテゴリ
1960年代
1970年代
1980年
1981年
1982年
1983年
1984年
1985年
1986年
1987年
1988年
1989年
1990年代
2000年代
妄想オムニバス
以前の記事
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
最新のトラックバック
PAUL YOUNG 「..
from 音楽生活。80'、J-POP..
Breakfast in..
from 「小林克也のRadioBak..
ビルボードライブ東京
from 東京ミッドタウンをガイド!
ワンダフル・ライフ/ブラック
from で~っかい ひとりごと・・・
速報プロ野球情報
from 速報プロ野球情報の案内
毎週
from 毎週情報
ビリー・ジョエルについて
from ビリージョエル
STEVIE NICKS..
from 中古レコード 通販
JOE JACKSON ..
from 中古レコード 通販
HUMAN LEAGUE..
from 中古レコード 通販
リンク集
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧