検索


Sweetest Taboo / Sade
a0054863_2112962.jpg 前回↓のスティング「Fortless Around Your Heart」でも、遠く聴こえる雷鳴と雨音がイントロで効果的に使われていたが、もう1曲、雨音の印象的なヒット曲を。

More
[PR]
# by heavytopper | 2006-10-19 21:25 | 1986年
Fortless Around Your Heart / Sting
a0054863_20464634.jpg ジャズミュージシャンと組んだスティングのソロ1stアルバムは、ポリス時代からの多くのファンにとっては、少なからず戸惑いを持って迎えられた作品だった(と思う)。
 それは、ジャム解散後にポール・ウェラーがスタイル・カウンシルのデビュー盤をリリースさせたときの、ファンの微妙な反応に近いものがあった(ように思う)。

More
[PR]
# by heavytopper | 2006-10-17 21:18 | 1985年
Cruel to be Kind / Nick Lowe
a0054863_19422540.jpg まるでドラえもんのポッケのように、一定レベル以上の楽曲を次々と生み出すニック。ポップ職人とは彼にピッタリだと思うが、逆に一発突き抜けた派手さに欠けるとも言われていたようだ。

More
[PR]
# by heavytopper | 2006-10-16 20:13 | 1970年代
Biggest Part of Me / Ambrosia
a0054863_1919369.jpg 「君は僕の大くの部分を占めている」
 恋したら誰もが陥るであろう、それはもう走り出したら止まらない感覚。あらためて歌詞カードを読んでみると、そんなラブラブなメッセージがぎっしりな一曲だ。
 きっと、プロポーズ・ソングとしてもいけそう。

More
[PR]
# by heavytopper | 2006-10-12 23:09 | 1980年
Sweet Heart / Franke & the Knockouts
a0054863_20323216.jpg このバンド、ご存知なのは往年のトップ40ファンの方々だけだろうか? それほど、日本ではまったく認知されなかったバンドだった気がする。

More
[PR]
# by heavytopper | 2006-10-12 20:50 | 1981年
That's All / Genesis
a0054863_20592778.jpg 朝晩の冷え込み急な最近、季節の変わり目に弱い自分は案の定、発熱。なかなか寝付けない夜に、つけっ放しにしていたPCのネットラジオから流れてきたのが、ジェネシスのこの曲だった。

More
[PR]
# by heavytopper | 2006-10-11 21:04 | 1984年
You Got Lucky / Tom Petty & the Heartbreakers
a0054863_19471441.jpg トム・ペティの歌声は、最初から好きなわけではなかった。決して開放的な響きではないし、こう体にまとわりついてくるような、「もっとちゃんと口を開けて歌え!」と言いたくなるような歌い回し・・・ 見た目が爬虫類系なのも、個人的には少なからず減点ポイントだった。

More
[PR]
# by heavytopper | 2006-10-10 20:18 | 1982年
Her Town Too / James Tayler & J.D Souther
a0054863_16295639.jpg ヒットしていた当時よりも、ずっとずっと今のほうが、聴いていてグッとくる曲。
 いや、深い意味はなく、この曲がリリースされた当時はまだまだ青い中坊だった自分は、ハードポップ系のいわゆる”産業ロック”方面の派手目なヒット曲を追いかけていたので、いかにも地味なこの曲は、自分の当時のストライクゾーンから微妙にはずれていたのだ。

More
[PR]
# by heavytopper | 2006-10-08 17:07 | 1981年
Twilight Zone / Golden Earring
a0054863_2330227.jpg 今日1日、なぜか頭の中で再生され続けていたのがこの曲。ホント、理由はないんだけれど、時々こういうことが不思議とあるもの。

More
[PR]
# by heavytopper | 2006-10-04 23:54 | 1983年
We Too Are One / Eurythmics
a0054863_2249435.jpg 競馬の凱旋門賞、ディープインパクトは惜しくも3位に終わった。
 中立な立場から、馬の能力や武騎手の騎乗はどう評価されるのか分からないけれども、自分の素人目には、横綱相撲でねじ伏せにかかって敗れた姿に潔さを感じたし、月並みな言い方だが、本場の競馬の奥深さを思い知らされる結果となった。

More
[PR]
# by heavytopper | 2006-10-02 00:50 | 1989年
She's Always a Woman / Billy Joel
a0054863_2026751.jpg ワールドツアーが大好評で今年の来日公演も期待が高まっているビリー。今さら彼のヒット曲のことを自分なんかがどうこうコメントするのも気が引けるが、実は我が家では今、ビリーがちょっとしたブーム(?)になっているのだ。

More
[PR]
# by heavytopper | 2006-10-01 20:34 | 1970年代
Turn it Up / Simply Red
a0054863_19521145.jpg シンプリー・レッドの3rdアルバム『A New Flame』は、どの曲もメロディアスでドラマチックなので、聴き手それぞれが色んな情景を音の向こう側にイメージできる作品ではなかろうか。

More
[PR]
# by heavytopper | 2006-09-28 21:14 | 1989年
I Can't Take it / Cheap Trick
a0054863_22322260.jpg 洋楽聴き始めの頃のヒット曲群を思い浮かべるとき、必ずチープトリックの「ドリームポリス」がその中に含まれている気がする。
 かと言って、彼らの熱心なファンというわけでもないが、新作が出るたびチャートインしてくるシングルを、その都度楽しませてもらってきた。

More
[PR]
# by heavytopper | 2006-09-27 20:50 | 1983年
Games People Play / The Alan Parsons Project
a0054863_2014524.jpg SFチックなものからソウルフルなものまで曲作りはバラエティに富み、音作りは緻密で、そしてヴォーカリストが複数いる、という点で、僕の中ではマイク&ザ・メカニクスとアラン・パーソンズ・プロジェクトは似たようなバンドという意識が昔から強かった。どちらも好きなバンドだ。

More
[PR]
# by heavytopper | 2006-09-26 20:43 | 1981年
Melody Cool / Mavis Staples
a0054863_2052734.jpg プリンスは、正直あまり相性がいいアーティストとは言えない。スターとしての彼の地位を確固たるものとしたアルバム『Purple Rain』も、どうも大袈裟さが鼻について、決してヘビロテではなかったし、同名映画にももちろん興味は湧かなかった。名作と言われる、その後の『Around the World in a Day』や『Sign of the Times』も聴かず嫌いという状態。

More
[PR]
# by heavytopper | 2006-09-25 23:55 | 1990年代



あの歌、この曲、懐かしい調べに新しいリズムの数々
by heavytopper
カテゴリ
1960年代
1970年代
1980年
1981年
1982年
1983年
1984年
1985年
1986年
1987年
1988年
1989年
1990年代
2000年代
妄想オムニバス
以前の記事
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
最新のトラックバック
PAUL YOUNG 「..
from 音楽生活。80'、J-POP..
Breakfast in..
from 「小林克也のRadioBak..
ビルボードライブ東京
from 東京ミッドタウンをガイド!
ワンダフル・ライフ/ブラック
from で~っかい ひとりごと・・・
速報プロ野球情報
from 速報プロ野球情報の案内
毎週
from 毎週情報
ビリー・ジョエルについて
from ビリージョエル
STEVIE NICKS..
from 中古レコード 通販
JOE JACKSON ..
from 中古レコード 通販
HUMAN LEAGUE..
from 中古レコード 通販
リンク集
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧