検索


Games People Play / The Alan Parsons Project
a0054863_2014524.jpg SFチックなものからソウルフルなものまで曲作りはバラエティに富み、音作りは緻密で、そしてヴォーカリストが複数いる、という点で、僕の中ではマイク&ザ・メカニクスとアラン・パーソンズ・プロジェクトは似たようなバンドという意識が昔から強かった。どちらも好きなバンドだ。



 アラン・パーソンズ・プロジェクトの代表曲と言えば、「Eye in the Sky」や「Don't Answer Me」、「Time」などを挙げる人が多いだろうから、複数いるヴォーカリストの中でも、ホンワカとした(悪くと言うとハッキリしない発声の)あの歌声が、このバンドの声として一般的にイメージが定着しているかもしれない。
 自分の場合、初めて出会った曲が、この「Games People Play」で、その若々しくどこか切ない余韻を残すこのヴォーカリストの歌声が印象深い。泣きのメロディラインがハマる人だ。(メンバーの名前がまるで分からず、申し訳ない)

 この曲がトップ40入りしていた頃、高校への通学路に突如、貸しレコード屋なるものが出現した。そして、初めてレンタルしたのがこの曲を含むアルバム『Turn of a Friendly Card ~運命の切り札』だった。
 このジャケを見ると、カバンとレコードを小脇にかかえた学生たちが、駅前を行き交う風景がよみがえってくる。
[PR]
by heavytopper | 2006-09-26 20:43 | 1981年
<< I Can't Tak... Melody Cool / M... >>



あの歌、この曲、懐かしい調べに新しいリズムの数々
by heavytopper
カテゴリ
1960年代
1970年代
1980年
1981年
1982年
1983年
1984年
1985年
1986年
1987年
1988年
1989年
1990年代
2000年代
妄想オムニバス
以前の記事
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
最新のトラックバック
PAUL YOUNG 「..
from 音楽生活。80'、J-POP..
Breakfast in..
from 「小林克也のRadioBak..
ビルボードライブ東京
from 東京ミッドタウンをガイド!
ワンダフル・ライフ/ブラック
from で~っかい ひとりごと・・・
速報プロ野球情報
from 速報プロ野球情報の案内
毎週
from 毎週情報
ビリー・ジョエルについて
from ビリージョエル
STEVIE NICKS..
from 中古レコード 通販
JOE JACKSON ..
from 中古レコード 通販
HUMAN LEAGUE..
from 中古レコード 通販
リンク集
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧